ステーキハウス ビリー・ザ・キッドに行ってみた!600gはでかい!

昨夜は後輩の車でステーキハウス ビリー・ザ・キッドに行ってきた。

もうね、前に行ったのはいつだったか記憶にないくらい、かなりの昔に行ったきり。

さすがは29(ニク)の日!
行ったのは11時を過ぎているというのに外で待ってる人もチラホラ…

名前を書いて一旦車で戻って一服しながら待っていると、「お名前を書かれた◯◯様(後輩の名)ですか?」と、わざわざ店に人が呼びに来てくれる。

店内に入るや否やすでにステーキのいい匂いで充満しているじゃあないか!

後輩が頼んだのは300g…さ、300g⁉︎
さすがに少なすぎやしないか?
そんなものなのか?
俺はそんなヤワじゃあない!と600gを頼む。

で、出てきたのがジャイアント馬場の靴かよ!
と思うほどの巨大なステーキ!怯むな、俺!小宇宙(コスモ)を高めろ!

とにかく冷めて硬くなる前にひたすら無心で頬張る、頬張る、頬張る!そして無事完食!

ちなみにビリーザキッドのステーキがテーブルに届いた時は下味しかついていない状態である。当然そのままではほとんど味がしないので各テーブルに置いてある、醤油とニンニクで味付けする。醤油は普通の醤油だが、ニンニクは生のおろしニンニク。もちろん、強烈なニオイがするので要注意。

参照 http://j-mt.com/

ちなみに最近行った市川のラーメン屋「ひらめき」では上の画像のような器具を用いて生のニンニクを自分で潰して入れることがあった。

最初はどうなる事やらと思ったが食べてみたら案外余裕で食べてしまった…

しかし周りの人たちの注文を聞いていると自分より若い人たちが200とか300を頼む。

600どころか400すらいない。

やはり自分の胃袋が特別なんだろうか…と改めて衰えぬ胃袋に満足満腹で店をあとにするのであった…。

次は700g食うたろか⁉︎

人食いバクテリアに冒された俺の足の運命や如何に⁉︎

コレは先週の火曜日の話である。

中学ん時の同級生に会うために電車移動。

若干早く着きすぎた上に同級生が渋滞に巻き込まれて遅れるとのこと。

駅前という事もあり、店舗巡りもアリだが、そこまでの時間の余裕はないので、何かスマホケースで良さげなのはないかと散策するもコレといったモノはなし。

そして、同級生との用事を済ませると俺はスグに地元に帰る予定だったのだが、隣の駅前のショッピングモールにヴィレヴァンがあるよ、と。

なるほど、ヴィレヴァンならスマホケースがありそうだ。

だが、元々そこに目的があって行くならいいが、目的なしに電車を使うのは、いかがなものか…⁉︎

そうだ、京都へ行こう。

いや、それはムリ。

歩いていこう。

とジュンスカよろしく俺は、一駅歩く事にした。

幸い土地勘はある…つもり。

自他共に認める地図ヲタクで、特に県内や都内の地図、それこそ古地図なんかがあろうモノなら、それを肴に一杯やれる。

なんせ小5の時にお小遣いで地図を買うような少年だったから筋金入りである。

そして、俺は駅に背を向けていざ出発!

歩き始めて5分…早くも解らなくなる。

(早っ)

やはり、地図で見るのと実際に歩くのでは大違いである。

多分、風。

いや、それはサカナクションの新曲。

多分、コッチ。

第六感を信じて、ひたすら歩く。

歩く。歩く。アルクアラウンド。

コレもサカナクション。

10分ほど歩いたが、一向にソレらしきショッピングモールは見えてこない。

不安に駆られた俺は「オッケーグーグル!」とは言わなかったが、グーグルを頼ることに。

すると…真逆やないかい!

なんとその、ショッピングモールに背を向けて歩いていた。

土地勘は…なかった。

すぐさまUターンして、ようやくショッピングモールに到着。

しかし今度はヴィレヴァンが見つからない。

広い店内をぐるぐる回ってようやく発見。

ちっちぇ!ヴィレヴァンちっちぇ!

予想よりも遥かに狭い店舗。

当然スマホケースもコレといったモノはなし。

撤収!

スグに店を出ると目の前に電車が。

コレは間違えようがない。

線路沿いを歩く事100m…

真逆やないかい!

そんなこんなで、ようやく地元に無事に帰ることが出来た。

翌日、案の定、宍戸錠、筋肉痛である。

それは覚悟していた。

だが、ふくらはぎではなく、スネのあたりが異常に痛い。

歩くのも億劫なレベル。

筋肉痛ってこんなんだっけ?

まーそのうち治るでしょ。

と、楽観的な気持ちでいた。

その夜。

録画しておいた「世界の何だコレ⁉︎ミステリー」を見ていると致死率30%!人食いバクテリア!なる恐ろしいモノが。

30%と言えば、まどかに於けるボーナス後のキュゥべえのセリフ「今日は月がキレイだね」時の天国A滞在期待度とほぼ同じ。

そんなコトはどーでもいいのだが、この人食いバクテリアにヤられると、身体中に壊死が始まって死に至る事もあるという恐ろしい病気。

始めは発熱、手足の痛みなどが起こるという…。

手足…足⁉︎

いま足痛いんですけど…てぇ、コレは筋肉痛!

でも、これまで経験してきた筋肉痛と明らかに違う痛みなのは明白。

いやいや、筋肉痛…だよね?

筋肉痛だよね?

筋肉痛だよね?

筋肉痛だよね?

なんと!

 

 

 

ただの筋肉痛だった 笑

お後がよろしいようで。

人間の体毛について朝まで語り合う 笑

今日は後輩と飲み!

まぁ、飲まなくても良かったが、家に帰ってもロクなメシが無かったので、誘ってくれてあざす。

今日も毎度毎度のスロットの話がメインなんだが、面白かったのは体毛の話。

実は今日飲んだ後輩2人は立派な体毛の持ち主。

2、3日も放ったらかしなら、イエティになれるくらい。

自分はまったくの真逆で、体毛がほとんどない。

腕などはツルツルで、脱毛してんの?とまで言われることも。

してねーわ!

ところでこの体毛、かなり個人差がありそうだが、実は人間の体毛の数に個人差はほぼない。

濃いか、薄いか、の違いがあるだけで、本数は世界中の誰であろうと、変わらないそう。

ところで自分は、ヒゲもほとんど生えないので、貫禄のあるヒゲを蓄えたくても無理!

ヒゲどころか、もみあげもまったく生えないので、もみあげとヒゲを繋げるなんて、夢のまた夢である。

山田孝之のように役によってヒゲを蓄えられるのが正直羨ましい。

後輩に言わせれば、ヒゲほど煩わしいモノはないと言うが…

そして、もう一つ煩わしいのが鼻毛だと言う

後輩N君は、豪快に指で抜くと言う。

後輩M君は、それは痛くて無理なので、鼻毛切りで切ると言う。

いや、ちょっと待て…鼻毛って切るのか?

と言うか伸びるのか?

そうか…少なくとも2人は伸びるらしいし、定期的に切るらしい。

世間的にもそうなん?

自分は生まれてこのかた、鼻毛は切った事も、抜いた事もない。

いや、マジで。

まぁ、手間が掛からないから、ありがたいが。

いや、手間が掛かる場所があった…

髪の毛。

人一倍、毛の量が多い上に剛毛。

セットするのも、乾かすのも人一倍掛かる。

髪の毛を増毛する人は多いと思うが、自分はむしろ減毛したいくらいである。

まぁ、そんな下らない話をしているうちに、今日もまた5時 笑

コレ夏だったら完全に夜が明けてるな…

そして家に帰ってすぐに寝る…訳にも行かずに、このブログを書いている。

まぁ、別に帰ってすぐに書く必要もないんだけどね…

てゆーか、なんだかんだ、テレビ見ながらウダウダと書いてるうちに時間は7時になろうとしているではないか!

コレ完全に明日起きれないな…

いや、起きたくないな。

でも起きなきゃ。

いや、その前に早く寝なきゃ。

でも書き上げなきゃ。

書き上げなきゃ。

書き上げ…

おっと、寝落ちしそうになった。

アブナイ アブナイ…

よし、話はこのくらいにして、マジで寝よう。

さすがに限界点に到達。

それではみなさん、おやすみなさい zzz

カラオケで朝まで熱唱!熱唱!また熱唱!

1日遅れたけど…

昨日は後輩クンとカラオケ!

気がつけば4時間歌ってた 笑

まぁ、ヘタクソだけど。

いや、ヘタでも気持ちよく歌えればそれでOK

しょっぱないきなり「EXILE」の「EXIT」、「野猿」の「Be cool!」、「ジェロ」の「海雪」と秋元康3連発!

そのあとはひたすら90年代ロックを熱唱!

ところで曲を選択するのに必要不可欠なデンモク。

これには「りれき」という 項目があり、これを見ることによって前任者が何を歌ったかが分かり、さらにはおおよその人物像まで浮かび上がってくる。

ワンオクや三代目などが並んで入れば学生…

80年代J–POPや演歌が並んで入れば熟年夫婦か或いは町内のカラオケ仲間…といった感じだ。

だが、中には理解に苦しむ選曲をする人たちもいる。

昨日見た履歴には岩崎宏美(タッチ歌ってる岩崎良美のお姉さん)が18曲連続で並んでいた!

好きなアーティストの曲を歌うのを別に否定はしないし、岩崎宏美がダメという訳でもモチロンないのだが、18曲である。

岩崎宏美の熱狂的ファンが集まって歌った可能性も、岩崎宏美本人がお忍びで来て練習で歌った可能性もなきにしもあらずだが、恐らくは一人。

自分も恐らくBOΦWYやブルーハーツならそれくらい歌えるが、さすがに同じアーティストの曲のみを歌い続ける事はないだろう。

まぁー岩崎宏美にとっては嬉しい限りだが、実際儲かるのは作詞、作曲をした人。

いわゆる印税収入。

80年代にメモリーグラスがヒットした元歌手の堀江淳はこの曲だけで今でも印税収入が年間300万くらい入るという…。

一曲で、だ。

それを考えると桑田佳祐やミスチルの桜井の元にはいったい幾らの印税収入が…

いや、考えるのはヤメよう 笑

最後に、カラオケ代をほぼほぼ全額支払ってくれた後輩クン…ありがとう。

私の大好きなルイボスティーの独特の香りは慣れる

私がルイボスティーに出会ったのは、ちょうど妊活をしている冬でした。緑茶が大好きな私は、冬場ということもあって沢山緑茶を飲みたいと思っていました。しかし、妊活を始めて色々な情報を調べていくうちに緑茶に含まれるカフェインは身体を冷やす作用があり、妊活にはあまり良くないということを知りました。どうしても温かいお茶を飲みたい私は妊活にも効果的なお茶を探し始めました。そこで私は、ルイボスティーというノンカフェインで栄養価のとても高いお茶に出会いました。早速買って試してみると、最初は独特の香りにあまりいい印象を受けませんでした。しかし、飲むと身体が全身ポカポカと暖かくなり独特の香りにもだんだんと慣れて、そのうちに独特の香りが癖になり、ルイボスティーにはまってしまいました。その冬はひたすらにルイボスティーを飲んで過ごしました。その甲斐あってか、春には無事に妊娠することができました。夏になり、ジメジメとした中つわりでとても辛かったのですが冷やしたルイボスティーにとても助けられました。

これからも飲み続けていきたいと思います。

むくみがなくなったのはルイボスティーを飲み始めてからです

私は毎日立ち仕事をしているので、その結果、足のむくみに悩んでいました。

仕事が終わった時、靴を履くことができないほど、むくんでいたのです。

そのため、靴で帰宅することができないこともありました。

 

そんな毎日を繰り返していると、足も少しづつ大きくなってきます。

そのため、スカートを履くこともできないということも。

なんとかしたいと思っていたのですが、運動をする時間もなく、諦めていました。

 

そんな時、冷えを改善したいと思って飲み始めたのはルイボスティーです。

これは、すごい効果がありました。

冷えが改善したのはもちろんのこと、足のむくみがなくなったのです。

そのため、足が細くなったんです。

 

この年になって、こんな嬉しいことがあるなんて、本当に感激しています。

足が細くなると、全身が楽になります。

歩くことが、楽になるからです。

 

ルイボスティーは、暖かくして飲むようにしています。

すると、しっかり体に溜まっている水分を排泄することができるようになっています。